2016年09月05日

街中プラザ「いきいき村」今年の営業目標

街中プラザ「いきいき村」も28年度8期を迎えています。
お客様と農家会員との「顔の見えるおつきあい」を通じて、地域にお役立ちできればと願っています。
1“近くで、便利に、楽しいお買い物”の顔の見える農家の野菜など「地産地消」を積極的に推進する。
 やまとが4月23日閉店したので、高齢者への利便性のためにも「ふれあいの場」を拡充する。
2 陳列の工夫などにより、単価の高い商品を犯則するようにして月次PDCAを実行。 
  試食や語らいなどを通じて、滞留時間を増やして客当たり単価を高める。
  奈良漬、大塚人参、天然酵母パン、漬物など当店にしかない商品を拡充する
3 ハンダマいきいき菜の生産は、苗の供給会員市川様に栽培と葉の販売を任せることとした。
  業務用(甲西フーズ、おかめ鮨、いち柳ホテルなど)、まほらの湯の販売権を譲った。
4 ふれあいと交流の機会を広める
 @店内でふれあいの機会を提供する 
  (土曜の午後、日曜の午前に、街づくりの懇談など)
 A県や近隣の市町の仲間との連携を強化する
5 町を元気に明るく!を協力先とともに実行・・・ 人・物・金・情報に関して交流を推進!
 @街中の「図書の店」を広めていく.。 晩成堂の取り扱いを拡大する。 
 A街中ウォーキングや産業観光を行ない、町外からの参加者も勧誘する
ご意見、ご提案をいただければ有り難いです。     
              いきいき村の会 会長 川口正満
議員ブログにもお立ち寄りください
フェイスブックでもぜひ検索してください
posted by いきいき村 at 10:57| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。