2011年08月23日

町民参加の図書館づくりを

富士川町では、財政が厳しい折、図書館を建設するのは難しい
そこで、空き店舗を利用して、町民が力を合わせて、手作りの
ふれあい図書館を立ち上げできないでしょうか?

*町内外から古本や、CDをいただく
*若者に図書のデータベースをつくってもらう
*主婦や高齢者2名が交代で貸し出しの担当を行なう
*全国にこの利用状況についてマスコミやブログにて発信しましょう
*連れて、全国からも古本を提供いただけるでしょう

運営には、
☆会員として、法人、家族、個人に有料会員登録をしてもらい、その費用を運営費に充当する
☆空き店舗の家主には、地域を活性化するために、特別料金で貸してもらう
☆ボランティアパートが半日2名づつが交替で、管理を行なう
☆パートさんの報酬と当番担当は半年ごとに見直していく
☆必要に応じて、新刊本や古本などを販売して収益に当てる
☆また創作品なども販売できるコーナーを充実していく
☆語らいコーナーでは、有料セルフサービスでお茶を提供する

協賛金として町内外の賛同者にも資金面と本の提供などを依頼しましょう
この活動が具体化できると町からもコミュニティービジネスの補助金を得られるでしょう

図書の利用活用は、人づくり、地域づくりそして未来づくりとなります!!
なんとか具体化できるように皆様の知恵とお時間をいただきたいですね!!

街と人々が元気に明るく!
街中プラザ「いきいき村
村長 川口正満



posted by いきいき村 at 14:08| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。