2017年11月29日

超高齢社会での支え合い

高齢者3500万人、単身高齢者は650世帯以上!
「元気が一番」、「達者でなくちゃ」と高齢者仲間が互いに励まし合っている。
お一人様と、ゆとりの暮らしを楽しめる時はよいけれど。
集いの場に出かけられ、歩いて買い物できればよいのだが。
気丈夫がいつまで続くやら。(我が家の母もそうだった)
先ずは、転倒しないようにお気をつけてください。 

60歳定年の方は、先輩たちお話し相手や、見守るヘルパー、ボランティアに仲間入りしては?
地方の自治体は、巡回バスで買い物、病院巡りをできるよう具体化して欲しい。
高齢者が、外出して、お仲間と楽しめる場をつくるべきだ。
互いのボケ防止のためにも、ふれあいのお茶のみ場が欲しい。

国は、「生活支援コーディネータ」を推進するという。
どのような条件で、どれほどに広まるでしょう?
先ず、都会で働いている若者が、田舎に仕事を探せるような環境づくりを、急いでほしい。
最優先すべき地方での「雇用の確保!」
家族のため、地方のため、また国の未来のためにも!
posted by いきいき村 at 08:29| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月18日

街中プラザ「いきいき村」の近況

高齢者が「近くで便利」と喜んでくれます
街中プラザ「いきいき村」には、高齢者がお総菜や弁当を「今日は何にしようかな」と楽しみに来店します
「スーパーに行くのは大変なのよ」、「近くで便利だから頑張って続けてよ」と応援してくれます。

パート3人+女房もよく協力してくれますが、来年で10年。
村長は古希を迎え、女房も初期高齢者の手前となります。
会員農家もみな高齢になっていて、この9年で何人かが亡くなりました。
高齢なお客様はカートを押してくる方も毎日数人います。
店内で転んだりしては大変です。
来年は、潮時を迎える準備が必要かと思っています。
posted by いきいき村 at 07:34| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

習字の作品

子どもたちの上手な作品が街中プラザ「いきいき村」に展示されています。
秋山恵子書道教室の子どもたちの作品を8年ほど前から展示しています。
習字って習うほどに上手になり、親を超える腕前になるんですね。
毎月、交代で努力の成果を見せてもらい、互いの頑張りになっています。
家族で見に来たり、交流の場にもなってます。

写真もアップしますのでしばらくお待ちください

posted by いきいき村 at 00:00| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月14日

北三陸の昆布を味わってください

FBで友だちになった佐々木公哉さんは、北三陸の荒波の中で、自ら収穫し、加工した海岸の黒昆布、すき昆布を
全国販売しています。
大津波のとても言い表せない大災害を克服して、三陸地域の皆さんは頑張っています。

山梨県の街中プラザ「いきいき村」でも販売しています。
少しでも、復興の支援になればと、佐々木さんのネット販売と同じ販売価格です。

当方のささやかな店は、9年目を迎え、高齢者が「近くで、お買い物できて助かるよ」と喜んでくれています。
posted by いきいき村 at 00:00| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月11日

若者たちに声かけよう

皆の将来、自ら考え、意見をしようと。
身近なことから、「なぜなんだ、いいのかな?」と、
家族について、仕事や地域や、高齢な先輩たちの福祉についても。
この先、5年、10年、20年
少子高齢時代、君たちの役割がたいせつで、期待されている。
もちろん、女性たちも!
政治(家)が何かと決めてしまうけど、
「ほんとに自分たちの現在のくらしとこれからを守ってくれるのか?」
自分たちで、仲間とともに「おらが地域や将来のことも」考え、
創っていかなきゃ!
(我が家の息子も東京で頑張っているのですが。。。)
ラベル:少子高齢時代
posted by いきいき村 at 00:00| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする