2016年11月27日

地域づくりを何とか、かんとかしなきゃ!

秋の週末、山中湖村など地域起こしに奮闘する湖雲荘長谷川支配人と友人野間氏と
時間を忘れて話し合いました
・友熱く 地域の資産を 活かそうと

・若者が 何とかしようぜ 人、モノ、地
・よそ者の 熱意に任せた 村元気
・バカ者に 任せてください 地域起こし

・村人よ 頼りにしよう 若い力を
・中高年 安心できる 地域なれ
・子どもらが 夢を創れる 世にしよう
posted by いきいき村 at 09:04| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月21日

地方や人々を置き去りにした「おらが日本」はどこへ?

地方都市の消費力に寄与してきたデパートが、他の地方都市でも、青息吐息の経営を苦慮しているだろう。
今後も安売りのスーパー、ホームセンターなど大型専門店とコンビニチェーンが集客力を競っていく。

大手資本同士の市場シェア争いや安売り合戦は、どうぞご自由にと言った感じだが。
地方都市の大型店舗には、都会志向の若年層は期待しているわけだが。

商店(街)には、高齢者が買い物の利便性を期待している。
今後、商店街は後継者がいないなど、厳しい生存競争に晒されながら盛衰を賭けていく。
地方の田舎の生活や、買い物に苦労している高齢者のくらしと生きがいはどうなるんだ?

”地方の存在価値”や、人々の暮らしの重要性を忘れたままで、海外志向の成長市場主義のアベノミックス。
現状のままでは、「おらが日本」は、格差や貧困が解消できずに、右肩下がりの不安な社会経済が続く。
posted by いきいき村 at 08:56| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月19日

デパートの地方支店が閉鎖に

デパートの閉鎖が次々と
三越伊勢丹は、減収減益のために、地方4店を縮小・閉鎖する。
千葉、多摩センターは、2017年3月に閉鎖すると既に発表している。
続いて、松戸、府中、広島、松山の各店を縮小・閉鎖する。
これは、同社の経営が深刻であり、都心の増収のために集中するというが、今後の経営展開を注視したい。

また、そごう・西武は八尾、筑波の各店を閉鎖。

地方都市の消費力に寄与してきたデパートが、閉店により、地方は、また賑わいを失う。
今後とも資本力を元に、安売りのスーパー、ホームセンター、専門店とコンビニチェーンが集客力を競っていく。
高齢者が買い物の利便性を期待している商店(街)は、大型店舗とはライバル視はできないわけだが、厳しい市場競争に晒されながら盛衰を賭けていく。

posted by いきいき村 at 08:53| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年11月15日

NHKの世論調査

電話アンケートによる無作為で自宅電話の応答者1514人の内、1007人の回答を得た。
携帯ではないので、自宅に居る方は、高齢者がほとんどでは?
回答者の次の状況(割合)なども併せて、報道して欲しいですね。
・都市 ・年代 ・男女別 

*回答者が高齢者であると、回答は自ずと保守的な傾向となりそう。
*質問項目においては、都市部と地方との見方の違いがかなり大きいと思うが。
*TPPなど、すべての問に対して、「どちらともいえない」という問題を的確に理解していない方も多い。
*携帯電話利用者の若者にも聞いてみると、どのように傾向が変化するだろうか?

これらの観点を考慮して、サンプリングと回答の報道では、回答者の状況についても掴めるように正確性を期して欲しい。
posted by いきいき村 at 09:09| Comment(0) | 「いきいき村」からお知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする